Archive for 2014年3月28日

Rush

1970年代のF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントのタイトル争いを繰り広げた映画です。

レース中の事故で大やけどを負い、復帰不可能と言われながらも、たった6週間でレースに復帰した勤勉で努力家のラウダ。

反対に、性格は軽く女の子をとっかえひっかえする陽気で、ドライビングスタイルもラウダと正反対なハント。

二人の死闘とライバル関係を、描いた物語です。

監督は、『ビューティフル・マイン ド』のロン・ハワードで、面白くない映画なはずがありません。

映画の最後に、チャンピョンになったジェームズが、余韻につかり楽しく女の子たちと、楽しくパーティーへ向かう途中、飛行機を整備しているニキに遭遇します。以下は、その時の二人の会話です。
Niki Lauda: You know, in hospital, the toughest part of my treatment was the vacuum. Pumping the shit out of my lungs. It was hell. And while doing it, I was watching television. You winning all my points.
James Hunt: Your points?
Niki Lauda: ‘That bastard Hunt,’ I would say. ‘I hate that guy.’ And then one day, the doctor came and said, ‘Mr. Lauda, may I offer a piece of advice? Stop thinking of it as a curse to have been given an enemy in life. It can be a blessing, too. A wise man gets more from his enemies than a fool from his friends.’ And you know what? He was right. Look at us. We were both a pair of kids when we met. Hot-headed jerks in Formula 3. Disowned by our families. Headed nowhere. And now, we’re both champions of the world. It was not bad, huh?
James Hunt: No, it’s not bad.
Niki Lauda: So don’t let me down now. I need you busting my balls. Get back to work.
James Hunt: I will, Niki, I will. But I intend to enjoy myself first. Some of life needs to be for pleasure. What’s the point of having a million cups and medals and planes if you don’t have any fun? How is that winning?
[Hunt’s party calls him again]
James Hunt: I’ll see you on race day, champ.
Niki Lauda: You will, champ.
James Hunt: You look good, Niki. The only guy to have his face burnt off and it be an improvement.
[Lauda gives Hunt the finger as Hunt smiles back and walks toward his party]

ニキの言葉が、心に残りますね。

病院で一番タフだった治療は、肺から泥を取るバキューム。その治療を受けながら、自分が取るべきポイントをハント取っていく姿をTVで見て憎たらしく思っていたと、言うニキ。そんなニキに医者が、敵を罵ることよりも、敵から学びなさい。とアドバイスを受けた。それで見てくれ今の状況を!二人ともチャンピョンだ!悪くないだろ?と、言うニキ。

それに対して、ジェームズが「悪くないね」と答える。

するとニキは、「だから、失望させないでくれ。僕の背中を押してくれる君が必要なんだ。遊んでないで仕事に戻れ。」

「戻るよ、ニキ。戻る。でもまず楽しませてくれ。人生には喜びが必要だよ。たくさん優勝しても、楽しみがないなら、意味がないだろ?どんな優勝だ?

レースで会おうな、チャンプ」と、ジェームズ。

 

お互いを尊重し合い、良いライバル関係として描いた素晴らしい映画です。是非ご覧ください。

Is it correct to use Mr./Mrs. with a first name? -Part 2-

本日は、昨日に続いて同じトピックです。

アンマリー講師とナオミ講師が答えてくれました。

Anne-Marie;

It depends. I like to be polite and speak like in the south so I address people Miss Kaoru or Miss Renoir for example.

I call people Mr. David or Mr. Shand, but it is not common.

The more common and textbook way in English is to use a prefix only with the last name and say the first name alone. For example, Dorothy and Mr. Shand.

アンマリー講師らしい答えでいいですね。ユタ州からお電話するアンマリーは南部みたいに話したいので、一般的ではないけれど、礼儀正しくしていたいし、と言うことでMs.やMr.の後にfirst nameだけで呼ぶとの事。

確かに、アンマリーはメールでもMs. Kaoruと文章のはじめに書いてくれます。

 

さて、次は英検2次対策プログラムを担当し、合格者をたくさん出しているナオミ講師からです。

Naomi;

Regarding this question:  normally we never say Ms. Kaoru or Ms. Hiroko.  We only use these with the last name (family name): i.e. Ms. Kubota or Ms. Kikuchi.  We can also use it with  the full name:  i.e. Ms. Kaoru Kubota or Ms. Hiroko Kikuchi.  If we use just the first name, we do NOT use Ms., Mr. or Mrs.; i.e. we just say “Kaoru” or “Hiroko” or “Elly” or “Naomi”.  Japanese people always call someone by using the term ………………san…or ………sama or ………..chan or ………..kun….

 These terms of endearment can be compared somewhat to the Japanese terms of ………….kun and …………chan.

Mrs………or Mr……….or Ms………..can be likened to “San” or “Sama” in Japanese.

If we use first names, we can call someone who is very familiar to us with endings such as  Elly dear, Elly darling, Elly sweetheart, etc.  These are terms of endearment and are only to be used with people who are very close to us such as family members or close friends!!

カナダ人のナオミ講師の答えは、イギリス人のジェフ講師と一緒ですね。

日本では、first nameにプラスして、「ちゃん」、「君」、「さん」、「様」など使うけれど、英語の場合は、first nameだけでMs. やMr.など使うことはないし、Ms.やMr.の後はfamily name か full name との事。

First nameを使うときは、first nameのみ、または家族や親しい友人に”Elly dear”とか呼ぶことはありますねとの事。

具体的でとてもわかりやすい説明ですね。

 

各講師の答えを読んでいると、「英会話は気持ち」だな、と思いました。

文法的に正しい・正しくないなど、あるかもしれませんが、まずは相手に伝えようとする気持ちですね。

 

Have a wonderful Spring Equinox Day!

デイリーコール 事務局 久保田

Is it correct to use Mr./Ms. with a first name?

先日、生徒様より「講師にMs. Keiko (仮名)と、呼ばれ、ファースト・ネームでもOKなんだと思いました。」と、お電話でご対応させて頂いている際に、そんなお話を伺いました。
英語についてあまり詳しくない私は、Ms. やMr.の後は、ファースト・ネームだけで使うことはないと思っていたので、早速講師へ聞いてみました!

イギリス人のジェフ講師によると、
“You must use the person’s family name after Mr., Mrs., Miss or Master. If you are introducing somebody you can say ‘…this is Miss Kaoru Kubota’ but never just the first name.”

アメリカのテキサス州出身のニコール講師によると、
“When using Mr. or Ms. you can use either the first or last name.
In Texas, especially younger people are expected out of respect to always use the prefix and usually it is with the first name if you are on a familiar base.
For example, my next door neighbor was named Dorothy Matthews. Everyone called her Ms. Dorothy.
Using the last name sounds a little formal and not so friendly.
So with friends we always use their first names in the South (not sure about those living in the North though). “
との事。
答えは、講師の出身によって異なりますね。
イギリス人のジェフは、Ms.やMr.などは、last name か full nameのみとの事。
アメリカ南部出身のニコールによると、若い人が、知り合いの年配の人に敬意をもって使うとか。例えば、近所の人には、Ms. の後にfirst nameのみで読んでいましたよとの事。

私自身も少し調べてみたところ、アメリカ人の投稿でニコールのように、友人の両親や、学校の先生、近所の人には使うことが南部ではあるというのを見ました。

同じ英語でも、使い方いろいろで、面白いですね!

デイリーコール 事務局 久保田

模様替え

本日は、事務局の模様替えを一部しました。事務局の真ん中に余ったデスクを置いて、ミーティングができやすいようにしました。
仕事がスムーズに運ばれると思うと楽しみです。
写真を撮ってデスクの雰囲気を紹介したかったのですが、スマホからガラケーに変えてしまったため、お見せすることができません!残念!

デイリーコール 事務局 久保田

Adileh, English Instructor

新人講師のアディーレを紹介いたします。

Hi, my name is Adileh and I am from Britain (U.K).
I am especially proud of my multicultural background and circle of friends and have a deep personal connection and fascination with Japan and its culture. I can also speak a little Osaka-ben!!
I have been teaching English to both children and adults, from people with no prior English knowledge and ability to people with professional and higher levels of English proficiency.
I adopted English as a second language with Persian being my mother tongue,
so I can relate to my students and always have useful and personally tested tips and tricks on how to improve one’s English ability faster and more efficiently. In my spare time I like to cook, watch movies, read, create art and crafts and learn Japanese. I love traveling, meeting new people and learning about different cultures and languages therefore my ultimate dream is to see all the countries of the world!
I have helped people from all over the world with their English. While volunteering at London Olympics I came to realize the importance of knowing the English Language. Now I am looking forward to taking part at the 2020 Tokyo Olympics too.
I always do my best to support my students with their English so why don’t you give me a try and hopefully see an IMPROVEMENT in YOUR English ability too. I look forward to talk to you soon!

イギリスの大学を卒業した、素敵な講師です。日本語も日常会話程度できます。
是非、お勧めです!

デイリーコール 事務局 久保田

新プログラム:Enjoy Simple English

2014年度3月31日からNHKラジオで、新番組「Enjoy Simple English」が放送開始となります。
それに伴い、4月度レッスンよりデイリーコールでも新プログラムとして手配を開始するため、現在カリキュラムを作成中です。
レベルは、英検3級から準2級レベル、他のテキストで言えば、基礎英語2から3、おとなの基礎英語レベルとなっております。
初級者のためのリーディングテキストとなっており、シンプルな英語で楽しく面白いストーリーが辞書がなくても読めるテキストとなっております。
また、コンセプトが月・火・水・木・金曜日と異なっており、子どもから大人まで楽しめる内容になっています。
例えば、火曜日は「先人に学べ!世界の偉人伝」として、スティーブ・ジョブスやライト兄弟のストーリーや、水曜日は「子どもでも楽しめる!日本の昔話」として、金太郎や雪女などの話が簡単な英語で読めます。
まさしく、タイトル通りシンプル・イングリッシュでエンジョイ出来ちゃうリーディング力アップの為のプログラムです。

デイリーコール 事務局 久保田

英検合格ラッシュ!

いつもありがとうございます。
今週は、生徒様から「英検合格しました!」とうれしいお知らせを頂いております。
担当講師は、カナダ人のナオミ講師、ハーフのバイリンガルのクリスティーン講師、日本人バイリンガルトキコ講師です。

英検のご受講をご検討されている方に是非お勧めです。

デイリーコール 事務局 久保田