Archive for 2017年7月27日

The Blind Side

昨日は、Sandra Bullockの誕生日!彼女がアカデミー賞主演女優賞を受賞した映画をご紹介します。

‘The Blind Side’ (『しあわせの隠れ場所』)

ホームレス同然の生活からアメリカン・フットボールのプロ選手になった少年の実話を映画化した感動的な映画です。

父親の顔も知らず、母親とも引き離された10代の黒人の少年マイケル・オアーは、家も寝るところなく、その日暮らしの生活をしていた。ある真冬の夜、Tシャツと短パン姿で歩いていた彼に、白人女性リー・アン・テューイ(サンドラ・ブロック)が声をかける。娘と同じ年代のマイケルがホームレスだと知りショックを受けた彼女は、夫ショーン、娘コリンズ、息子S・Jと暮らす豪華な邸宅にマイケルを招き入れる。愛に溢れた家族の暮らしに喜ぶマイケルの姿に、テューイ家の人々は、何事にも感謝しながら生きる幸せを学ぶ。

以下のセリフは、大学に進学するために英語の科目のGPAが足りないマイケルが、GPAを足してもらうため提出する読書感想文です。

Michael Oher: Courage is a hard thing to figure. You can have courage based on a dumb idea or mistake, but you’re not supposed to question adults, or your coach or your teacher, because they make the rules. Maybe they know best, but maybe they don’t. It all depends on who you are, where you come from. Didn’t at least one of the six hundred guys think about giving up, and joining with the other side? I mean, valley of death that’s pretty salty stuff. That’s why courage it’s tricky. Should you always do what others tell you to do? Sometimes you might not even know why you’re doing something. I mean any fool can have courage. But honor, that’s the real reason for you either do something or you don’t. It’s who you are and maybe who you want to be. If you die trying for something important, then you have both honor and courage, and that’s pretty good. I think that’s what the writer was saying, that you should hope for courage and try for honor. And maybe even pray that the people telling you what to do have some, too.

以下の会話は、リー・アンがマイケル用の部屋を提供した際の会話です。

Michael Oher: It’s nice, I never had one before.

Leigh Anne Touhy: What, a room to yourself?

Michael Oher: A bed.

この後、リー・アンは今までマイケルがどれほど違う世界で生きていたのかと痛感します。

ステキな映画です。是非ご覧下さい。

american-football-1455398_640

那須高原のお土産

ステキなお土産を頂きました。

2017年7月25日

An Unfinished Life

本日はJennifer Lopezの誕生日。George Clooneyと共演した’Out of Sight’(『アウト・オブ・サイト』)を見たときは、「なんて魅力的な女性なんだろう」と同性から見てもそのように思いました。

そんなJennifer Lopezが出演しているステキな映画から1本ご紹介させて頂きます。

‘An Unfinished Life’(『アンフィニッシュ・ライフ』)

シングルマザーのジーンは恋人の暴力に絶えかね、11歳の娘グリフを連れ、亡き夫の父アイナーを頼ってワイオミングの牧場へと逃げてきた。しかしアイナーは、最愛の息子の死の原因となったジーンを許すことが出来ず、決して心を開こうとしなかった。

雄大なワイオミングの自然を背景に、心に傷を抱えた人々の再生への道のりを描いた作品です。

「ショコラ」「サイダーハウス・ルール」「ギルバート・グレイプ」のラッセ・ハルストレム監督作品です。

以下の会話は、グリフが祖父であるアイナーと牧場で一緒に働いているミッチをゲイだと勘違いしてしまう、ちょっと笑ってしまう場面です。

Griff Gilkyson: You guys are gay, right?

Einar Gilkyson, Mitch Bradley: [both burst out laughing]

Einar Gilkyson: Well now, I’d think after almost 40 years working together, one of us would notice, don’t you Mitch?

Mitch Bradley: Well Einar, I always thought you had really lovely hands.

Einar Gilkyson: You did? You never told me that.

Griff Gilkyson: I mean it’s cool. Everybody needs love.

Mitch Bradley: You got that part right, little girl.

grand-teton-1476432_640

The Birdcage

本日は、Robin Williamsの誕生日です。もっと長生きして、ステキな映画を見させてほしかったです。

彼のステキな映画から1本ご紹介致します。

‘The Birdcage’ (『バードケージ』)

70年代に制作された「Mr.レディMr.マダム」のハリウッド版リメイクです。

フロリダにあるショー・クラブ “バードケージ” のオーナー兼演出家の夫アーマンド(ロビン・ウィリアムズ)と、店のトップ・スターのスタリーナことアルバート(ネイサン・レイン)は、仕事の上でも私生活でも最高のパートナー。そんなある日、突然アーマンドの息子のヴァルが結婚したいと言い出した。

婚約者は超保守派で知られる上院議員キリーの娘、バーバラ。アーマンドは婚約を祝福する半面、ヴァルの父親が不道徳なナイトクラブを経営し、女装した男と同棲しているなどとわかれば当然、結婚を許してもらえるわけがないと思い、作戦を考える・・・。

ロビン・ウィリアムズ、ネイサン・レイン、ジーン・ハックマンの演技が光ります。落語っぽいコミカルさが大好きです。アルバートに男っぽく振る舞うように特訓するシーンは本当に面白いです。

以下の会話はヴァルの叔父だと紹介するのはどうかと、アルバートが提案する場面です。

Albert: Could you tell them I was a relative who dropped in? Val’s Uncle? Uncle Al?

Armand: What’s the point? You’d be Val’s gay Uncle Al.

Albert: Oh, I could play it straight!

Armand: Oh please, look at you! Look at the way you’re holding your glass! Look at your pinky! Look at your posture!

Albert: What? What about you? You’re obviously not a cultural… whatever it is. You’ve never been to a museum, and you eat like a pig!

笑いたい時に是非。

destin-2125595_640

Doctor Strange

本日は、Benedict Cumberbatchの誕生日!ステキな俳優さんです。最近見た映画から1作品ご紹介。

Doctor Strange(『ドクター・ストレンジ』)

ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。

マーベル映画のヒーローものの1つです。期待しないで見に行ったら、とても面白かったです。

映画の最後にマイティーソーと話す会話のシーンをご紹介

Thor: So Earth has wizards now, huh?

Dr. Stephen Strange: Tea?

Thor: I don’t drink tea.

Dr. Stephen Strange: What do you drink?

Thor: Not tea.

[Strange uses his powers to transform the teacup Thor is holding into a stein of beer]

Dr. Stephen Strange: So, I keep a watch list of individuals and beings from other realms that may be a threat to this world. Your adopted brother, Loki, is one of those beings.

Thor: Worthy inclusion.

Dr. Stephen Strange: Yeah. So… why bring him here to New York?

Thor: It’s a bit of a long story. Family drama, that kind of thing. But, we’re looking for my father.

Dr. Stephen Strange: Oh, okay. So if you found Odin, you’d all return to Asgard promptly?

Thor: Oh, yes. Promptly.

Dr. Stephen Strange: Great. Allow me to help you.

Cold Mountain

本日は、Donald Sutherlandの誕生日!『24』ジャックバウワー役、Kiefer Sutherlandのお父さんである、Donald Sutherlandはオーラがあって、とっても怖い悪役から優しい役、おとぼけ役まで演じることが出来るステキな俳優さんです。
出演作品から一つ映画を紹介させて頂きます。
Cold Mountain(『コールドマウンテン』)
あらすじ;
南北戦争末期、自ら兵隊を志願し戦争に参加してから3年が経ったインマン(ジュード・ロウ)の脳裏に浮かぶのは、離れた故郷コールドマウンテンの情景と、出征前に1度だけキスをした恋人のエイダ(ニコール・キッドマン)面影だった。エイダから渡された銅版写真と本、戦地に届いた彼女からの手紙3通を心の支えに苛酷な戦場でかろうじて生き延びていた。
一方、コールドマウンテンでインマンを待つエイダは、父のモンロー牧師(ドナルド・サザーランド)を亡くし、裕福な環境から、明日の食べ物にも事欠く苦境に陥っていた。そんな彼女を見かねて、隣人のサリーは、流れ者の女ルビー(レニー・ゼルウィガー)をエイダの農場に向かわせ新しい生活を始める。

父のモンロー牧師が自分の娘に亡き母親のことを語った時のセリフが以下の通りです。
Rev. Monroe: I lost your mother after twenty-two months of marriage. It was enough for a lifetime.

ステキな映画なので是非ご覧下さい。

landscape-2374997_640

とても美味しい紅茶を頂きました。

2017年7月12日

Charlie and the Chocolate Factory

本日はアイルランド出身のDavid Kellyの誕生日!David Kellyと言えば、よく知られているのはティムバートン監督、ジョニーデップ主演の、’Charlie and the Chocolate Factory’ですね。

40年以上も世界でベストセラーになり続けている「チャーリーとチョコレート工場」を映像化したファンタジ-映画です。

チャーリー少年は、失業中の父と母、そして祖父母がふた組の、貧乏な家で、けなげに明るく暮らしていた。ある時、家のすぐそばにある世界一のチョコレート工場の主、ウィリー・ウォンカ氏(ジョニー・デップ)が、幸運な5人の子供たちに工場内を見学する許可を与える声明を発表。4名の子供が当たり、最後のウォンカ製のチョコレートに入ったゴールデンチケットを引き当てたのはチャーリーだった。かつてウォンカ工場で働いていたジョーおじいちゃん(デイヴィッド・ケリー)に付き添われたチャーリーは、15年も工場に引きこもっていたウォンカ氏に導かれ、不思議な工場の中の世界を案内される。

以下の会話は、ジョーおじいちゃんがウォンカ氏に久々に会った時の場面です。

Grandpa Joe: Mr. Wonka, I don’t know if you remember me, but I used to work here in the factory.

Willy Wonka: Were you one of those despicable spies who everyday tried to steal my life’s work and sell it to those parasitic copy-cat candy-making cads?

Grandpa Joe: No, sir.

Willy Wonka: Then wonderful, welcome back.

chocolate-cake-2481829_640

是非ご覧下さい。

本日は創立記念日

7月7日はデイリーコールの創立記念日。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2017年7月7日

The Legend of 1900

本日、7月5日はPruitt Taylor Vinceの誕生日!色んな映画でいい味を出してくれる名わき役です。’ Constantine’(『コンスタンティン』)では、主役のキアヌを助ける神父役を演じたり、先日ご紹介致しました’ identity’(『アイデンティティー』)では主役の本当の姿を演じ、シャーリーズセロンがアカデミー賞主演女優賞を受賞した’Monster’(『モンスター』)などの話題作にも多く出演しています。

そんなPruitt Taylor Vinceの名作をご紹介させて頂きます。

The Legend of 1900(『海の上のピアニスト』伊’ La leggenda del pianista sull’oceano’)

「ニュー・シネマ・パラダイス」、「マレーナ」のジュゼッペ・トルナトーレ監督が伝説ピアニストの人生を描いた映画です。

1900年、多くの移民たちをアメリカに運ぶ豪華客船ヴァージニアン号で黒人機関士のダニーは、ダンス・ホールのピアノの上に置き去りにされた赤ん坊を見つける。ダニーはその子を1900(=ナインティーン・ハンドレッド)と名付ける。

ダニーが事故で死んだ後も、船の上で育った1990(ティム・ロス)は、ある日船内のダンスホールで音楽に魅了され、ピアニストとしての天才的な才能を開花させた。バンドのトランペッターとしてやってきたマックス(プルート・テイラー・ヴァンス)も彼の弾く美しい音楽に魅せられていく。

1946年、マックスは老朽化したヴァージニアン号が沖で爆破されようとしていることを知り「人がまだ船にいる」と、作業を中止させて船の中にいるであろう1990をさがすが・・・。

以下のセリフは、映画の最後、やっと見つけた1900が友人のマックスにかける感動の場面です。

1900: [explaining why he didn’t leave the ship and never will be] All that city… You just couldn’t see an end to it. The end! Please, could you show me where it ends? It was all very fine on that gangway and I was grand, too, in my overcoat. I cut quite a figure and I had no doubts about getting off. Guaranteed. That wasn’t a problem. It wasn’t what I saw that stopped me, Max. It was what I didn’t see. Can you understand that? What I didn’t see. In all that sprawling city, there was everything except an end. There was everything. But there wasn’t an end. What I couldn’t see was where all that came to an end. The end of the world. Take a piano. The keys begin, the keys end. You know there are 88 of them and no-one can tell you differently. They are not infinite, you are infinite. And on those 88 keys the music that you can make is infinite. I like that. That I can live by. But you get me up on that gangway and roll out a keyboard with millions of keys, and that’s the truth, there’s no end to them, that keyboard is infinite. But if that keyboard is infinite there’s no music you can play. You’re sitting on the wrong bench. That’s God’s piano. Christ, did you see the streets? There were thousands of them! How do you choose just one? One woman, one house, one piece of land to call your own, one landscape to look at, one way to die. All that world weighing down on you without you knowing where it ends. Aren’t you scared of just breaking apart just thinking about it, the enormity of living in it? I was born on this ship. The world passed me by, but two thousand people at a time. And there were wishes here, but never more than could fit on a ship, between prow and stern. You played out your happiness on a piano that was not infinite. I learned to live that way. Land is a ship too big for me. It’s a woman too beautiful. It’s a voyage too long. Perfume too strong. It’s music I don’t know how to make. I can’t get off this ship. At best, I can step off my life. After all, it’s as though I never existed. You’re the exception, Max. You’re the only one who knows that I’m here. You’re a minority. You’d better get used to it. Forgive me, my friend. But I’m not getting off.

この役の為に俳優のティムロスは6カ月近くピアノの練習をしたそうです。ステキな映画です。是非ご覧下さい。

classic-1846719_640