Archive for 2017年8月31日

Autumn in New York

本日はRichard Gereの誕生日。ステキなRichard Gereの出演作品から1作品ご紹介させて頂きます。

‘Autumn in New York’(『オータム・イン・ニューヨーク』)

セントラルパークの高級レストランを経営しているウィルは、帽子デザインを勉強中のシャーロットと知り合う。ウィルは彼女に帽子製作を依頼し、ふたりの交際が始まるが、次々と女性を乗り換えてきたウィルは彼女に長く交際する自身がないと打ち明ける。一方彼女からは不治の病のため余命が短いことを告げる。

以下の会話は、その時の場面です。

Will: This isn’t right. You… You are…

Charlotte: Young.

Will: Yes, and I am…

Charlotte: Old.

Will: Older.

Charlotte: Much older.

Will: Alright, much older.

The point is, I could put this off, but I genuinely like you.

So I want to be clear from the start, so there’s no confusion later on, okay?

What I want to say to you is that all I’m able to offer you

is this, what we have right now. Nothing more. Until it ends.

What I mean is, we have no future.

Charlotte: I know.

I’m sick.

Will: What do you mean?

Charlotte: It’s my heart. Nobody even thought I’d last this long.

I could’ve put off telling you but I genuinely like you.

And I wanted to be clear right from the start

so there was no chance for any confusion later.

 

自身の年には若すぎると自覚しながらも、シャーロットの思いもよらない行動や素直な性格、明るい笑顔に惹かれていくリチャードギアが女性心をくすぐります。

シャーロット役には、ウィナノライダーが演じています。とてもはまり役です。

秋が近いこの時期に是非ご覧ください。

autumn-1072827_640

Casablanca

本日はIngrid Bergmanの誕生日!美しい彼女の代表作を1作品ご紹介します。

‘Casablanca’ (『カサブランカ』)

戦火近づく’40年の仏領モロッコ、カサブランカは、自由を求めて渡米しようとする人々で溢れていた。

ナイトクラブを経営するリックの元へ、ナチの手を逃れてここまでやって来た抵抗運動の指導者が現れる。だがその人物の妻は、かつてパリでリックと恋に落ちたイルザだった。

以下の会話は、最後リックがイルザとビクターを逃がすために飛行場で、イルザに別れを告げる場面です。

Rick: Last night we said a great many things. You said I was to do the thinking for both of us. Well, I’ve done a lot of it since then, and it all adds up to one thing: you’re getting on that plane with Victor where you belong.

Ilsa: But, Richard, no, I… I…

Rick: Now, you’ve got to listen to me! You have any idea what you’d have to look forward to if you stayed here? Nine chances out of ten, we’d both wind up in a concentration camp. Isn’t that true, Louie?

Captain Renault: I’m afraid Major Strasser would insist.

Ilsa: You’re saying this only to make me go.

Rick: I’m saying it because it’s true. Inside of us, we both know you belong with Victor. You’re part of his work, the thing that keeps him going. If that plane leaves the ground and you’re not with him, you’ll regret it. Maybe not today. Maybe not tomorrow, but soon and for the rest of your life.

Ilsa: But what about us?

Rick: We’ll always have Paris. We didn’t have, we, we lost it until you came to Casablanca. We got it back last night.

Ilsa: When I said I would never leave you.

Rick: And you never will. But I’ve got a job to do, too. Where I’m going, you can’t follow. What I’ve got to do, you can’t be any part of. Ilsa, I’m no good at being noble, but it doesn’t take much to see that the problems of three little people don’t amount to a hill of beans in this crazy world. Someday you’ll understand that.

[Ilsa lowers her head and begins to cry]

Rick: Now, now…

[Rick gently places his hand under her chin and raises it so their eyes meet]

Rick: Here’s looking at you kid.

言わずと知れた名作、もう一度見て楽しむのもいいかもしれません。

ingrid-bergman-392913_640

Shallow Hal

本日はJack Blackの誕生日!ファミリー向けのアニメの声優から大人向けのコメディ映画まで多様な「お笑い」映画に出演している俳優です。そんな素敵なJack Blackの映画から1作品ご紹介させて頂きます。

‘Shallow Hal’ (『愛しのローズマリー』)

外見でしか女性の価値を判断しないハルは、偶然出会った精神治療の大家アンソニー・ロビンスに「心の美しい女性が美しく見え、そうでない女性はいくら外見が美人でも醜く見えるようになる」という催眠術をかけられる。

そして病院のボランティア活動をしながら平和部隊への再入隊志願を待っている、体重が136キロの女性ローズマリーと出会い、恋におちる。

ハルが催眠術にかかっていることを知らないローズマリーは、最初ハルからの口説き文句を受けバカにされているように思い困惑するが、ハルの熱心さが彼女の心を変えていくという、ロマンティック・コメディです。

以下の会話はローズマリーがハルに褒めないようにお願いする場面です。

Rosemary: Hal, do me a favor and stop saying that I’m pretty and that I’m not fat, ok? Cause it makes me uncomfortable.

Hal: Umm, ok. Do you have a problem with compliments?

Rosemary: Look, I know what I am and I know what I’m not. I’m the girl who, you know, gets really good grades and who’s not afraid to be funny. And I’m the girl who has a lot of friends who are boys and no boyfriends. I’m not beautiful, ok, and I never will be. And I’m fine with that. But when you go around saying I’m something that I’m not, it’s just, it’s just not nice.

とても見やすい映画です。如何ですか?

background-1024699_640

Entrapment

本日は、スコットランド出身のハンサム俳優と言えばこの人!Sean Conneryの誕生日です。そんな彼の数あるステキな映画から1作品ご紹介させて頂きます。

‘Entrapment’ (『エントラップメント』)

ショーン・コネリー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ共演のサスペンス・ロマン。

保険調査員ジンはニューヨークの高層ビルからレンブラントの名画を盗んだ犯人を美術品専門の怪盗マックと目星をつけ、上司クルーズに中国の黄金のマスクを餌にマックを罠にかけることを提案する。彼女は自らマックに接近し、彼の相棒となり、犯行の確証をつかもうとする。老練で慎重そのもののマックは最初はジンを信用しなかったものの、やがて彼女に泥棒の資質があることを見抜いてパートナーにするが・・・

以下の会話は、ジンがマックを調査の為に尾行するが、その夜にマックに裏をかかれ寝ているジンの家に侵入されたときの、二人が初めてかわす会話です。

Mac: Rule number one: never carry a gun. If you carry a gun you may be tempted to use it.

Gin: What are you doing here?

Mac: I’m going to ask you some questions. If I don’t like your answers, you’re going out the window. Why are you following me?

Gin: I’ve got a proposition for you.

Mac: How do I know that you’re not a cop?

Gin: I-I don’t know. You-You’re just going to have to trust me.

Mac: Rule number two: never trust a naked woman.

ショーン・コネリーとキャサリン・ゼタ=ジョーンズの魅力たっぷりあふれる映画です。

petronas-tower-2494523_640

Stand by Me

本日はRiver Phoenixの誕生日!才能があり、ジェームズディーンの再来として期待されていた彼は若くして亡くなった俳優さんです。彼の代表作のうちの1作をご紹介します。

‘Stand by Me’ (『スタンド・バイ・ミー』)

オレゴン州キャッスルロックの小さな町に住む12歳のゴーディは、文才に恵まれる感受性豊かな少年だった。いつも仲良くしているリーダー格のクリス、大きなメガネをかけたテディ、ちょっとスローなバーンとは、性格も個性も違う仲間だが、木の上に組み立てた小屋の中に集まってはタバコを喫ったりと、少年期特有の仲間意識で結ばれていた。

ある日行方不明になって話題となっている少年が、30キロ先の森の奥で列車にはねられ、その死体が野ざらしになっていることを聞き、4人は死体を見に行くことに。

以下の会話は、悩みを打ち明けるゴーディにクリスが勇気づける場面です。

Gordie: Do you think I’m weird?

Chris: Definitely.

Gordie: No man, seriously. Am I weird?

Chris: Yeah, but so what? Everybody’s weird.

是非ご覧下さい。

rail-road-191097_640

North & South

本日はイギリスのハンサム俳優、Richard Armitageの誕生日です。現在、映画「ホビット」シリーズに出て活躍中です。ホビットではズングリむっくりの特殊メイクをしていますが、そんなメイクをしてもキリリとした力強い目が素敵です。本日は、これを見ればあなたもRichard Armitageの虜になるテレビドラマをご紹介。

‘North & South’ (『北と南』)

ジェーンオースティンの『高慢と偏見』、『エマ』などが好きな方にお勧めです。

主人公のマーガレット・ヘイルは、とある事情で家族と共にイングランド北部の工業都市ミルトンへと移り住む。そこで功利主義の青年工場主ジョン・ソーントンと出会う。労働者のニコラス・ヒギンズとも知り合いになった彼女は、自然と労資対立の仲介役を務めることになり、ジョンと対立をするようになるが・・・。

設定は違いますが、色んな所で『高慢と偏見』を思い出す物語です。

例えば、以下の会話は『高慢と偏見』のダーシーがしたように、ジョンもまた結婚の申し込みを焦り、マーガレットに断られてしまうところです。

John Thornton: Miss Hale, I didn’t just come here to thank you. I came… because… I think it… very likely… I know I’ve never found myself in this position before. It’s… difficult to find the words. Miss Hale, my feelings for you… are very strong…

Margaret Hale: Please! Stop. Pray, please don’t go any further.

John Thornton: Excuse me?

Margaret Hale: Please don’t continue in that way. It’s not the way of a gentleman.

John Thornton: I’m well aware that in your eyes at least, I’m not a gentleman. But I think I deserve to know why I am offensive.

Margaret Hale: It offends me that you should speak to me as if it were your… duty to rescue my reputation!

John Thornton: I spoke to you about my feelings because I love you; I had no thought for your reputation!

Margaret Hale: You think that because you are rich, and my father is in… reduced circumstances, that you can have me for your possession! I suppose I should expect no less from someone in trade!

John Thornton: I don’t want to possess you! I wish to marry you because I love you!

Margaret Hale: You shouldn’t! Because I do not like you, and never have.

John Thornton: One minute we talk of the color of fruit, the next of love. How does that happen?

Margaret Hale: My friend, Bessy Higgins, is dying.

John Thornton: And that of course, is my fault too.

Margaret Hale: I’m sorry.

John Thornton: For what? That you find my feelings for you offensive? Or that you assume because I’m in trade I’m only capable of thinking in terms of buying and selling? Or that I take pleasure in sending my employees to an early grave?

Margaret Hale: No! No, no, of course not. I’m… I’m sorry… to be so blunt. I’ve not learnt how to… how to refuse… how to respond when a… when a man talks to me as you just have.

John Thornton: Oh, there are others? This happens to you every day? Of course. You must have to disappoint so many men that offer you their heart.

Margaret Hale: Please, understand, Mr. Thornton…

John Thornton: I do understand. I understand you completely.

イギリス映画・ドラマの暗い感じが嫌いな方もきっと、Richard Armitage のカッコよさに魅了されるはずです。是非ご覧ください。

watercolour-2493815_640

南部せんべいと栗まんじゅう

今日もおいしいお菓子でティータイム

2017年8月21日

Batman v Superman: Dawn of Justice

本日の8月15日はBen Affleckの誕生日!彼の出演作品から映画を1本ご紹介させて頂きます。

‘Batman v Superman: Dawn of Justice’ (『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』)

バットマン役にベン・アフレック?と、最初は「似合わなそうだなぁ」と思ったのですが、今まで見たベンアフレックよりもかっこよく見えて、期待していたより良かったです。

アルフレッド役にジェレミー・アイアンズが出たのもびっくりしたのですが、見ているうちに「マイケルケインのアルフレッド」とは違うイメージでよかったです。「嫌味を言うイギリス人執事だけど、やっぱりブルースのことを大切にしているアルフレッド」みたいに出来上がっていました。

ワンダーウーマンも出てきたり、様々な俳優さんがたくさん出てきたので、面白かったです。

以下の会話はブルースを心配するアルフレッドとブルースの会話です。

Alfred: You know you can’t win this. It’s suicide.

Bruce Wayne: I’m older now than my father ever was. This may be the only thing I do that matters.

Alfred: Twenty years of fighting criminals amounts to nothing?

Bruce Wayne: Criminals are like weeds, Alfred; pull one up, another grows in its place. This is about the future of the world. This is my legacy.

新作のワンダーウーマンをご覧になる前に、楽しめる映画です。

batman-1521131_640

Having Lunch with Ami

今日はカナダから来たアミ講師とランチをしました。

2017年8月14日

エリーの京都土産!

蕎麦ボーロが止まりませんでした。

2017年8月4日