Archive for 2017年10月31日

Frankenweenie

10月31日のハロウィーンの日にこんな映画が如何でしょうか?

‘Frankenweenie’ (『フランケンウィニー』)

ティム・バートン監督が84年に製作した実写の映画をストップモーション・アニメーションとしてリメイクした映画です。実写ではネバーエンディング・ストーリーのBarret Oliverがヴィクターを演じています。

不幸な交通事故で愛犬スパーキーを科学の力で生き返らせた少年ヴィクターのお話です。

以下の会話は、ヴィクターを慰めるお母さんと、現実を受け入れられないヴィクターのやり取りです。

Mrs. Frankenstien: When you lose someone you love, they never really leave you. They just move into a special place in your heart. He’ll always be there, Victor.

Victor Frankenstien: I don’t want him in my heart. I want him here with me.

halloween-2870607_640

 

Erin Brockovich

以前の更新から日にちが前後してしまいましたが、先日の10月28日土曜日はJulia Robertsの50歳の誕生日!本日もステキな彼女の出演作品から1本ご紹介します。

Erin Brockovich(『エリン・ブロコビッチ』)

ジュリア・ロバーツ演じるエリンは離婚歴2回、3人の子持ちの無職、カリフォルニア州モハベ砂漠の小さな町に住んでいた。仕事の面接の帰り、追突事故に巻き込まれた彼女は、アルバート・フィニー演じる弁護士エドに裁判の弁護を依頼するも勝気なエリンの証言があだとなり、和解金を取り損ねる。

職もなく貯金も尽きかけた彼女はエドの法律事務所へ押しかけ、強引に彼のアシスタントとして働き始める。彼女は書類整理中に不動産売却の書類になぜか血液検査の結果が添付されてるファイルを見つけ、疑問を持ち真意を突き詰めていく。エドに「このケースについて調べたいことがある」と、一言だけ言って1週間も連絡をしなかったエリンは事務所に戻るとデスクがないことに驚き、エドからクビを通告される。

エリンが大きなケースに目をつけていたことに気づくエドは、エリンと和解をして、大企業の工場が有害物質を垂れ流しにしている事実を突き止め、病に苦しむ住民たちを訴訟に持ち込むよう説得することに。

以下の会話は、エリンが住む新しい隣人ジョージとの初めの挨拶です。エリンの強い性格が良く表れている場面です。

George: How many numbers you got?

Erin Brockovich: Oh, I got numbers comin’ outta my ears. For instance: ten.

George: Ten?

Erin Brockovich: Yeah. That’s how many months old my baby girl is.

George: You got a little girl?

Erin Brockovich: Yeah. Yeah, sexy, huh? How ‘bout this for a number? Six. That’s how old my other daughter is, eight is the age of my son, two is how many times I’ve been married – and divorced; sixteen is the number of dollars I have in my bank account. 850-3943. That’s my phone number, and with all the numbers I gave you, I’m guessing zero is the number of times you’re gonna call it.

そして、以下の会話はエリンが1週間無断欠勤していたと勘違いしていたエドが、エリンを訪ね調べていたケースについて聞きに来る場面です。

Erin Brockovich: Isn’t it funny how some people go out of their way to help others, when others just fire them?

Ed Masry: Look, I’m sorry but you were gone for a week. I assumed you were off having fun.

Erin Brockovich: Oh, and why the hell would you assume that?

Ed Masry: I don’t know. You look like someone who likes to have fun.

Erin Brockovich: Oh, so by that standard I should assume that you never get laid.

Ed Masry: I’m married!

[after a pause]

Ed Masry: Look. What is this all about?

Erin Brockovich: Do you want to know? Then you’ll have to hire me back. I’ve got a ton of bills to pay.

Ed Masry: Fine! Fine!

元気をもらうサクセス・ストーリーです。是非ご覧下さい。

red-rock-canyon-2871902_640

Beetlejuice

今週末の10月29日はWinona Ryderの誕生日!ダークカラーの髪で色白の素敵な女優さんです。彼女が出演した初期の映画をご紹介。

‘Beetlejuice’(『ビートルジュース』)

ニュー・イングランドののどかな田舎町に住むアダムとバーバラの若夫婦は、不幸にも矯から自動車ごと落下してあえなく死亡してしまう。その後ニューヨークから成金のチャールズと、妻のデリア、前妻との娘リディアがアダムとバーバラの家に越してくる。

アダムらは彼らを追い出そうと、脅かすが彼らには見えないらしくまるで効果がない。そんな中リディアだけには姿を見られ仲良くなる。新しい家の主人たちを追い出す計画を立て成功するものの効果がないと悩むアダム達に次々と問題が降りかかる。

ティムバートンが監督したこちらの作品、ほぼ30年前の映画なので出演している俳優陣が若いです。Catherine O’Hara、Geena Davis、Michael Keaton、Alec Baldwinが元気でスリムです。Michael Keatonの元気な感じがいいです。

以下の会話は、Winona Ryder演じるリディアが幽霊のAlec Baldwinが演じるアダムと会話をする場面です。

Adam: You can see us without the sheets?

Lydia: Of course I can see you.

Adam: Well, how is it you see us and nobody else can?

Lydia: Well, I’ve read through that handbook for the recently deceased. It says: ‘live people ignore the strange and unusual”. I myself am strange and unusual.

Barbara: You look like a regular girl to me.

 

更に以下の会話は、自分の名前を3回言えばアダム達を助けられるとリディアにどうにかして自分の名前を言わせる悪役、ビートルジュースとのかいわです。

Beetlejuice: [Trying to get Lydia to guess his name, he makes a beetle appear] Hi! How’re ya doin?

Lydia: [Gasps] Ah B-Beetle!

Beetlejuice: Yes! Now for part two…

Lydia: [Conjures a glass of orange juice that pours into a glass] Beetle… Breakfast… Orange… Liquid… Beetle Juice?

Beetlejuice: Yes! You said it!

Lydia: Your name’s “Beetle Juice”?

Beetlejuice: You said it two times, come on. Say it one more time!

Lydia: Wait a minute… it was you, you were the snake.

Beetlejuice: What are you talking about a snake?

ハロウィーンの季節にご覧になるのはいかがでしょうか?

cemetery-2729855_640

 

Mermaids

本日、10月26日は悪役をさせたら迫力抜群のBob Hoskinsの誕生日です。もちろん、「優しいお爺さん」役もこなす名俳優です。

Bob Hoskinsを知ったのは、2005年リュックベッソン監督の’ Unleashed’(『ダニーザドッグ』)を見てからです。とても冷酷な役を演じた俳優として印象に残りました。それから、今まで見てきた映画でも様々なわき役として出演していたことを知りびっくりしました。ユアンマクレガー主演の’Stay’、日本でもヒットした、ジュードロー主演の’Enemy at the Gates’、ロビンウィリアムス、ダスティンホフマン主演の’Hook’など名作に必要な俳優さんです。

彼が出演した様々な映画から1本ご紹介します。

‘Mermaids’ (『恋する人魚たち』)

舞台は1963年。恋人に束縛されることを嫌うミセス・フラックスは、いままでに18回も引っ越しを繰り返している自由気ままな2人の子供のシングルマザー。

映画の冒頭ではマサチューセッツ州の片田舎に越して来たところから始まります。

娘のシャーロットとケイトは奔放な母親の引越し癖に嫌気を指していた。しかし、シャーロットは引っ越し先の管理人ジョーに、ミセス・フラックスは靴屋の店主ルー・ランドスキーに恋してしまうのだった。知らず知らずのうちに母親と同じ行動をとってしまったシャーロットは思い悩むと言う年頃の女の子を中心に描いた作品です。

ミセス・フラックス役はシェール、シャーロット役はウィノナ・ライダー、可愛い妹ケイトはクリスティナ・リッチが出演しています。

以下の会話は、気の強いミセス・フラックスとBob Hoskinsが演じたルーが口論している場面です。

Lou Landsky: If you care about us, would it kill you to show it?

Rachel Flax: “Us”? When did YOU and *my* children become “us”? You’re just YOU, Lou – me and the girls, THAT’S “us”!

Lou Landsky: I was talking about you and me.

90年代の素敵な映画です。是非ご覧下さい。

lighthouse-2165383_640

Sasanqua

サザンカを見つけました。季節ですねぇ。

2017年10月25日

Last Vegas

本日は、Kevin Klineの誕生日。Kevin Klineと言えば!と聞かれてパッと出てくる代表作がすぐ出てこないのですが、でも有名な俳優さんですね。『五線譜のラブレター DE-LOVELY』は映画館で見てその時の役の印象が強く残っています。最近では『美女と野獣』にも出演していました。本日も彼が出演した数ある作品から1本ご紹介します。

‘Last Vegas’(『ラスト・ベガス』)

58年来の親友同士であるビリーとパディ、アーチー、サムは、人生の後半を迎えた幼なじみの4人組だったが、バディは妻を亡くして引きこもり生活に。アーチー、サムは何とかバディを誘ってビリーがいるベガスへと行く。唯一の独身だったビリーが結婚することになり、4人は結婚式が行われるラスベガスで久しぶりに顔を合わせる。

どんなに年をとっても、悪ガキ時代からの絆や習性は変わらないままの彼らは、独身最後の“バチェラー・パーティー”で大はしゃぎをする。

以下の会話は、Kevin Kline演じるサムとモーガンフリーマン演じるアーチーがホテルの予約は誰が取る約束だったかと「おじさん」っぷりを印象付ける場面です。

Sam: We have a problem. The rooms aren’t gonna be ready for another year and a half. They’re still remodeling. Archibald, did this topic come up when you made the reservation?

Archie: No, because you insisted on making the reservations.

Sam: I insisted, but then you insisted. And it is the second insister…

Archie: Sam.

Sam: That supersedes the…

Archie: Sam. I offered, you insisted.

sign-2237590_640

Me Before You

本日は、若手イギリス人女優のEmilia Clarkeの誕生日です。素敵な彼女の出演作から1作品ご紹介します。

‘Me Before You’(『世界一キライなあなたに』)

イギリスの田舎町に住むルーことルイーザ・クラークは、お洒落が大好きな前向きな性格だが、仕事を転々としながら、毎日をなんとなく過ごしていた。ある日、ルーはバイク事故の影響で車椅子生活を余儀なくされた青年実業家ウィル・トレイナーの介護役兼話し相手をする仕事をすることに。ウィルは元々、快活でスポーツを愛する青年だったが、今では生きる希望を失っており、ルーにも冷たい態度を見せるが、ルーは、なんとかウィルの頑なな心を次第に溶かしてゆく

以下の二人の会話は、ウィルの秘密を知ってしまったルーがなんとか、ウィルの決断を変えようと説得する場面です。

Will Traynor: I have to tell you something.

Lou Clark: I know. I know about Switzerland, I have known for months. Listen I know this is not how you would have chosen it, but I can make you happy.

Will Traynor: No.

Lou Clark: What?

Will Traynor: No Clarke. This could be a good life, but it’s not my life, it’s not even close. You never saw me before. I loved my life. I really loved it. I can’t be the kind of man who just accepts this.

Lou Clark: You’re not giving it a chance, you’re not giving me a chance. I have become a whole new person these last six months because of you.

Will Traynor: I know and that’s why I can’t have you tied to me. I don’t want you to miss all the things that someone else can give you. And selfishly I don’t what you to look at me one day and feel even the tiniest bit of regret or pity.

Lou Clark: I would never think that!

Will Traynor: You don’t know that. I can’t watch you wondering around the annex in your crazy dresses. Or see you naked and not be able to… oh Clarke if you have any idea what I want to do to you right now. I can’t live like this.

Lou Clark: Please Will! Please!

Will Traynor: Shh. Listen, this, tonight being with you is the most wonderful thing you could have ever done for me. But I need it to end here. No more pain and exhaustion and waking up every morning already wishing it was over. It’s not going to get better than this. The doctors know it and I know it. When we get back, I’m going to Switzerland so I’m asking you if you feel the things you say you feel. Come with me.

Lou Clark: I thought I was changing your mind!

Will Traynor: Nothing was ever going to change my mind. I promised my parents six months and that’s why I have given them.

Lou Clark: No! Don’t say another word. You’re so selfish. I tore my heart out in front of you and all you can say is no. And now you want me to come and watch the worst thing you could possibly imagine. Do you have any idea what you’re asking? I wish I had never taken this stupid job. I wish I had never met you.

是非ご覧ください。

wheelchair-2489427_640

The Road

本日はViggo Mortensenの誕生日。The Lord of the RingsのAragorn役で日本では人気が出た俳優さんではないでしょうか?それまでは、G.I. JaneやA Perfect Murderなどで二枚目役として出演されていた俳優さんです。日本で人気が出た後に出演した映画の中から1本ご紹介します。

‘The Road’ (『ザ・ロード』)

設定は日本の漫画で言うと、『北斗の拳』の世紀末、映画の『マッド・マックス』のような世界です。

世界の終焉を迎えた未来。荒廃した大地を、ショッピングカートを引いた父親と少年が南に向かって歩いている。親子の全財産は、防水シート、ポリ袋、毛布、双眼鏡と拳銃だけだった。わずかな生存者は皆、燃料と食物を探してさまよっていた。

そんな中、道端の車中で寝ていた親子は、トラックに乗った武装グループ、人食い集団に襲われる。少年を捕まえた若い男に向かって父親は銃弾を放ち、難を逃れるが、父は決して正気を失わず、息子に人としてのモラルを語り続けるという物語。

以下の会話は、父親と息子の会話です。

The Boy: We would never eat anybody, would we?

The Man: No, of course not.

The Boy: No matter how hungry we were?

The Man: Uh nuh.

The Boy: Even if we were starving?

The Man: We’re starving now.

The Boy: Because we’re the good guys.

The Man: Yes.

The Boy: And we’re carrying the fire.

The Man: Yes.

見ると疲れる映画です。覚悟してご覧ください。

desert-279862_640

Monster’s Ball

本日、10月18日は2006年に亡くなったPeter Boyleの誕生日。コメディTVドラマ’Everybody Loves Raymond’(『HEY!レイモンド』)では主役のお父さん役を演じていました。

本日は、’Everybody Loves Raymond’からは想像もつかない、Peter Boyle が見れる’Monster’s Ball'(『チョコレート』)をご紹介します。

米深南部ジョージア州、主人公のハンクは、父親バックの影響で人種差別主義者で州立刑務所の看守の仕事をしていた。ハンクの一人息子ソニーも同じ仕事に就くが、黒人のマスグローヴの死刑執行日に任務を果たせず、ハンクは怒りを爆発させた。翌日、ソニーはハンクとバックの目の前で自殺する。打ちひしがれたハンクは、看守を退職。一方、処刑されたマスグローヴの妻レティシアは、息子タイレルが事故死するというさらなる悲劇に襲われる。彼女は、瀕死のタイレルを偶然に車で通りかかって病院に運んでくれたハンクと、お互いの喪失感を埋めるように親密になる。

以下の会話はハンクの家のドアが開いていた為、父親のバックに気づかずに家の中へ入ったレティシアとバックの最初のやり取りです。

Buck Grotowski: Who are you?

Leticia Musgrove: Um…

Buck Grotowski: You just walked in my house.

Leticia Musgrove: My bad. I thought…

Buck Grotowski: Hank? You lookin’ for Hank?

Leticia Musgrove: Yes. Is he here?

Buck Grotowski: Who are you?

Leticia Musgrove: My name is Leticia Musgrove… and, uh… me and Hank is, uh… friends.

Buck Grotowski: Musgrove? Please, little darlin’, have you got a cigarette?

Leticia Musgrove: Yeah, but it looks to me like you really don’t need to be smoking.

この映画では、ハルベリーがアカデミー賞主演女優賞を獲得。息子のソニー役にはヒースレジャーが演じています。

まだご覧になっていない方は、是非一度ご覧くださいませ。

ice-2166149_640

Pride & Prejudice

本日の10月17日はイギリス人俳優、Matthew Macfadyenの誕生日です。彼の魅力は「声」です。声がカッコイイ。彼の声を褒めていた、Joe Wright監督の’Pride & Prejudice'(『プライドと偏見』)(Jane Austen原作)をご紹介します。

18世紀末女性に相続権がない時代のお話し。イギリスの田舎町に住むベネット家の母親は、5人の娘たちの行く末を心配していたところで、貴公子ビングリーが近所に引っ越してくることを聞きつける。母親は、何とかして娘のひとりをビングリーの家に継がせたいと願うが・・・・。

主役のエリザベス役にKeira Knightley、相手のダーシー役にMatthew Macfadyenが演じています。

以下のやり取りは、思いもよらぬプロポーズからの喧嘩になる場面の1部です。

Mr. Darcy: Miss Elizabeth. I have struggled in vain and I can bear it no longer. These past months have been a torment. I came to Rosings with the single object of seeing you… I had to see you. I have fought against my better judgment, my family’s expectations, the inferiority of your birth by rank and circumstance. All these things I am willing to put aside and ask you to end my agony.

Elizabeth Bennet: I don’t understand.

Mr. Darcy: I love you. Most ardently. Please do me the honor of accepting my hand.

Elizabeth Bennet: Sir, I appreciate the struggle you have been through, and I am very sorry to have caused you pain. Believe me, it was unconsciously done.

Mr. Darcy: Is this your reply?

Elizabeth Bennet: Yes, sir.

Mr. Darcy: Are you… are you laughing at me?

Elizabeth Bennet: No.

Mr. Darcy: Are you *rejecting* me?

Elizabeth Bennet: I’m sure that the feelings which, as you’ve told me have hindered your regard, will help you in overcoming it.

Mr. Darcy: Might I ask why, with so little endeavor at civility, I am thus repulsed?

Elizabeth Bennet: And I might as well enquire why, with so evident a design of insulting me, you chose to tell me that you liked me against your better judgment.

Mr. Darcy: No. Believe me, I didn’t mean to…

Elizabeth Bennet: If I was uncivil, then that is some excuse. But I have other reasons, you know I have.

Mr. Darcy: What reasons?

Elizabeth Bennet: Do you think anything might tempt me to accept the hand of the man who has ruined, perhaps forever, the happiness of a most beloved sister? Do you deny that you separated a young couple who loved each other, exposing your friend to censure of the world for caprice and my sister to derision for disappointed hopes, involving them both in misery of the acutest kind?

Mr. Darcy: I do not deny it.

Elizabeth Bennet: How could you do it?

最近は少し横に成長されたMatthew Macfadyen ですが、魅力的な声は変わりません。上記の映画の後に作成された、’DEATH AT A FUNERAL'(『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』)では違うMatthew Macfadyenの魅力が見れるので是非こちらも合わせてご覧ください。

chatsworth-1589242_640