Archive for 2018年4月27日

The Shape of Water

本日は、イギリス人女優、Sally Hawkinsの誕生日です。彼女が主演した、アカデミー賞受賞作品、’The Shape of Water’ (『シェイプ・オブ・ウォーター』)を紹介させて頂きます。

時は1962年、ソビエトと冷戦下であったアメリカのある研究所では、秘かにアマゾンで神のように崇められていたという不思議な生きもの、半魚人が運び込まれていた。

そこで清掃員として勤めるイライザは、同僚のゼルダと一緒に極秘の実験を見てしまう。子供の頃のトラウマで声が出せないイライザにとって、言葉が必要ではない半魚人とのコミュニケーションは彼女の人生を楽しいものに変えていく・・・。

以下のセリフは、イライザの隣に住んでいるジャイルズが映画の冒頭に語る内容です。

Giles : If I spoke about it – if I did – what would I tell you? I wonder. Would I tell you about the time? It happened a long time ago, it seems. In the last days of a fair prince’s reign. Or would I tell you about the place? A small city near the coast, but far from everything else. Or, I don’t know… Would I tell you about her? The princess without voice. Or perhaps I would just warn you, about the truth of these facts. And the tale of love and loss. And the monster, who tried to destroy it all.

underwater-3183295_640

The Godfather

本日4月25日は、Al Pacinoの78歳の誕生日。まだまだ活躍してほしい俳優さんの一人です。Al Pacinoといえば、’The Godfather’ シリーズの映画ではないでしょうか。本日は第1作目をご紹介させて頂きます。

イタリアのシシリーからアメリカのニューヨークへ移住した、ビトー・コルレオーネは一代で財を成しドンと呼ばれ、人が助けを求めてくれば親身になってどんな困難な問題でも解決した。

ドン・コルレオーネの末の息子、マイケルはひとり堅気な人生を送ろうとしていたが、敵対するファミリーにドンが襲われ重傷を負った時、彼は報復を決意し、父親と同じ道を歩むことに。

以下の会話は、父の狙撃が伝えられ病院に駈けつたマイケルと看護婦の会話です。

Michael : You and I are going to move my father to another room, now can you disconnect those tubes so we can move the bed out of here?

Night Nurse : That is out of the question.

Michael : You know my father? Men are coming here to kill him, now help me, please.

更に以下の会話は、父親のビトー・コルレオーネと父親の跡を継いだマイケルの何気ない会話場面です。

Don Corleone : How’s your boy?

Michael : He’s good.

Don Corleone : You know, he looks more like you every day.

Michael : He’s smarter than I am. Three years old, and he can already read the funny papers.

Don Corleone : [laughs]  Read the funny papers…

見どころは、堅気の生活を送っていた時と、徐々にファミリービジネスを継いでいこうとするアルパチーノの顔つきの変化です。流石は俳優さんです。

是非ご覧下さい。

agent-1294795_640

The Mirror Has Two Faces

本日は、Barbra Streisandの誕生日。Barbra Streisandと言えば、’The Way We Were'(『追憶』)ですが、本日は彼女が出演した他の素晴らしい恋愛映画をご紹介させて頂きます。

‘The Mirror Has Two Faces'(『マンハッタン・ラプソディ』)

コロンビア大学の数学教授グレゴリーは、過去の手痛い経験から極度の美女不信に陥り、美人を見るとめまいが起こるという奇妙な症状に悩まされていた。

一方、同じ大学で文学を教えるローズは、派手好きで美しい母ハンナや、母の美貌をそっくり受け継いだわがままな妹クレアとは対照的に、ただの一度も恋を成就させたことがないロマンスとはかけ離れた地味な人生を送ってきた。ある日グレゴリーは、知的で地味な女性を探すことにして、新聞に「パートナー求む」の広告を載せる。広告を見たローズの妹クレアはローズに黙って彼女の写真を送る。写真を見たグレゴリーはさっそくローズに近づき、2人はデートを重ねるうちに互いの魅力を発見していくのだが・・・。

以下の会話は、パーブラ・ストライサンド演じるローズがグレゴリーとの関係に悩み、母ハンナの元へ戻った時の会話です。

Rose Morgan : Mom.

Hannah Morgan : What?

Rose Morgan : How did it feel?

Hannah Morgan : What?

Rose Morgan : Being beautiful?

Hannah Morgan : [pause]

Rose Morgan : No, I mean it. How did it feel having people look at you with such admiration? Looking at yourself in the mirror with such appreciation? How did that feel?

Hannah Morgan : It was wonderful.

Rose Morgan : I’ll bet.

互いに悩む二人の恋愛ドラマを是非お楽しみください。

barbra-streisand-62838_640

The Mummy

本日は、イギリス人俳優のJohn Hannahの誕生日です。ハムナプトラシリーズでとぼけたお兄さん役、また『スライディング・ドア』に出演していると言えば、ピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは4月23日は、ゴールデンウィークの期間もご家族全員で楽しく見られる’The Mummy’『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』(1999)をご紹介させて頂きます。

舞台は1923年。リック・オコンネルは、サハラ砂漠にあるといわれる伝説の都ハムナプトラの財宝を探し求めていた。しかし道中でカイロ刑務所に捕らわれの身となり、処刑されるところを、都に眠る古文書を探す女性科学者エヴリンによって救われる。リック同様に財宝を狙うエヴリンの兄、ジョナサンと彼ら3人はリックを道案内にハムナプトラへと向かう。夜、エヴリンは古代秘密の呪文を記した“アムン・ラーの書”を興味本位で呪文を声を出して読んでしまうと、3000年前邪悪な力を持つ魔術師のイムホテップがこの世に甦ってしまうと、言うミイラ・アクション映画。

以下はJohn Hannah扮するJジョナサン、エヴリン、リックがミイラを見てあまり干からびていないことに驚く場面です。

Evelyn : [upon opening Imhotep’s sarcophagus and he falls forward]  Oh, my God, I *hate* it when these things do that.

Rick : Is he supposed to look like that?

Evelyn : No, I’ve never seen a mummy look like this before. He-He’s still… still…

Rick , Jonathan : …juicy.

sphinx-1175827_640

Back to the Future

本日、4月20日はCrispin Glover(クリスピン・グローヴァー)の誕生日!。特徴的な顔を持つCrispin Gloverと言えば、1985年に公開された’Back to the Future’でお父さん役を演じた俳優です。『チャーリーズ・エンジェル』、『アリス・イン・ワンダーランド』などの話題作でも悪役として活躍しています。

本日は、’Back to the Future’をご紹介させて頂きます。

1985年、マイケル・J・フォックス扮する音楽好きの高校生マーティは、ある日銃撃戦から逃れる為、科学者ブラウン博士が作ったタイムマシン、改造車デロリアンに乗ってしまい、彼の両親であるジョージとロレーンが、まだ知り合う前の1955年に行ってしまう。

過去を変えてはならないはずなのに、マーティは若いころの両親と出会ってしまい、母親のロレーンはマーティに一目ぼれしてしまう。ロレーンが父親であるジョージを好きにならないと、マーティはこの世に存在しなくなってしまう為に、何とかマーティはジョージとロレーンの仲を取り持つが・・・。

以下の会話は、ロレーンをデートに誘うことに乗り気ではなかった、クリスピン・グローヴァ―扮するジョージが、気持ちを入れ替え、マーティ―に教えを乞う場面です。

George McFly : Marty! Marty! Marty!

Marty McFly : Hey, George, buddy, you weren’t at school. What have you been doing all day?

George McFly : I overslept. Look, I need your help. I have to ask Lorraine out but I don’t know how to do it.

Marty McFly : Alright, okay, listen, keep your pants on. She’s over in the cafe. What made you change your mind, George?

George McFly : Last night, Darth Vader came down from Planet Vulcan and told me that if I didn’t take Lorraine, that he’d melt my brain!

Marty McFly : Yeah, well, uh, let’s keep this brain-melting stuff to ourselves, okay?

George McFly : Oh, yeah! Yeah!

なんと、クリスピンは当時21歳でマイケル・J・フォックスの父親役を演じました。俳優業はすごいなぁと思ってしまいますね。是非ご覧下さい。

car-3249993_640

Twilight

本日は若手人気女優の、Kristen Stewartの誕生日です。

Jodie Fosterと共演した、’Panic Room’『パニックルーム』など子役から活躍している女優さんです。日本では、’Twilight’『トワイライト 初恋』で、有名になったのではないでしょうか?

本日は’Twilight’をご紹介させて頂きます。

Kristen Stewart演じる、ベラは母親の再婚のため、アリゾナからワシントン州フォークスの小さな町に引っ越したが、天候のよいアリゾナとは対照的で雨が多く霧に包まれたフォークスになじめないでいた。

ベラは転校した先の高校で、不思議な雰囲気を持つエドワード・カレンに出会い、他人と交わろうとせず、自分だけの世界を持つエドワードに惹かれていく。

ある日ベラは駐車場で、雨でぬれた路面の上をコントロールが出来なくなった自動車に突っ込まれそうになるが、人間業とは思えない速さでエドワードに助けてもらう。その日からエドワードの正体が一体何なのか気になり始めるが・・・。

以下の会話は、エドワードがベラを自宅に招待する場面です。

Isabella Swan : [Edward jumps down off the roof of Bella’s truck]  Could you act human? Okay, I have neighbors.

Edward Cullen : I’m gonna take you to my place tomorrow.

Isabella Swan : Thanks… Er, wait, like with your family?

Edward Cullen : Yeah.

Isabella Swan : W-what if they don’t like me?

Edward Cullen : So you’re worried, not because you’ll be in a house full of vampires, but because you think they won’t approve of you?

Isabella Swan : I’m glad I amuse you.

アメリカで人気だったガーリー映画です。是非ご覧ください。

landscape-2491409_640

先日、ミーシャ講師と飯田橋駅近くの小石川後楽園へお花見に行きました。

IMG_990688

Welcome Back: Ichiko!

以前デイリーコールで勤務をしていたバイリンガル女性講師、イチコが4月から復帰することになりました。

イチコ講師は、カリフォルニア大学で学生生活を送り、帰国後はキレイな英語を生かした仕事をしていました。

R&Bやロックバンドのリードボーカルとして青春もおくったことがある弾けた講師です。

留学を考えている方におすすめの講師です。日本語英語も出来るので、表現方法の間違いなどをとてもわかりやすく説明できます。

是非ご受講下さいませ。